--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/18

ゲームをすると怒られた、ゲームをしていたら馬鹿になる?

聖剣伝説2というゲームをご存知でしょうか。


私が初めてプレイしたRPGです。

小学校1年の宿題、
国語ノートに文字を1ページ書いてくる事。

私は『聖剣伝説』と書いて提出しました(´∀`*;)ゞ
あの時の先生の顔ったらないですね(#^.^#)

ストーリーもBGMもとても好きです。
私がRPGにハマっていくきっかけとなった作品です。


当時から私はTVゲームが大好きでした。

でも親からは

ゲームなんてろくなもんじゃない

ゲームばかりしていたら馬鹿になる

なんて言われたものです。


でも、私は子供心ながら
ちょっと違う風に思ってました。


特にゲームの中でもRPGがそうなんですが、


一つ一つのパーツに分けていくと

それは音楽であったり、

絵画であったり、

小説だったりするわけです。

言わば、
それらが一つのまとまりとして組み合わさったもの。

それがゲームなんじゃないかって。


総合芸術としてのTVゲーム

そういう一面を認めてもいいんじゃないかって。

むしろ、だからこそ
こんなに心惹きつけられるんじゃないかってね。


小説を読むことを先生から批判されるでしょうか。
映画を鑑賞することは怒られる事でしょうか。
絵画を嗜むことを咎める大人はいたでしょうか。



かつては居たのかもしれません。


でも、今は殆どいません。


今や、携帯のアプリで誰もが遊ぶ時代になりました。
これからも世の中はそうやって変わっていく。

ふと、そんな事を思い出した一日でした。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。