--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/15

受験時代を振り返る

「基本に立ち返ろう(=゚ω゚)ノ」

退職と時を同じくして転職サイトに登録してみたものの
職歴だけでは同業か営業しか応募出来そうにありません。

ならば、大学で勉強したことに頼るしかない。
自分の勉強した事を活かせる職種を探そう!



大学で学んだことを書き記す前に、
時計の針を大学受験の頃まで戻してみます・・・

高校3年生の時、第一志望にしていたのは
実は、防衛大学校でした。

実家にあまり金銭的な余裕がなく、1人暮らしが出来なかった事。
特殊な形式ですが、国家公務員という安定した職種。

ただ、そういったものを以上に
純粋に国防や自衛隊というものに関心がありました。

11月の頭に防衛大学校の試験があり、
当時の試験会場は西南学院大学でした。

結果は見事に不合格でした(っω・`。)

言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、
実は当日インフルエンザの高熱に悩まされました。

実はその試験の2週間ほど前に
インフルエンザの予防接種を受けたのです。

他の国立大学も受験するからと親にも勧められ・・・

するうと予防接種から1週間も経たないうちに高熱にうなされました。
それまで皆勤賞だった私が月曜日から立て続けに木曜日まで休み。

しかし金曜日には熱が下がりました。(* ´ ▽ ` *)
土日が試験だったため少しでも勉強をと学校へ・・・

それが・・・間違いでした。

土曜の朝、見事にぶり返し( ノД`)

自分が答案用紙になんて書いているのか
自分でもよくわからない有様で・・・

試験終了直後、落ちたと確信出来るほどでした。
そのままズルズルと引きずり、勉強が疎かになりました。

その後きちんと立て直していれば、
国立受験には間に合っただろう、と今でも悔やみます。

浪人生活は自分の時間が失われるだけではありません。
両親には金銭的な迷惑、精神的な負担を多大にかけました。

たとえその一年後、受験に成功したとしても。
受験から十年近く経った今でも・・・(・ω・`彡 )з

自戒の意もあり、
どこかでその後悔を吐き出したくなりここに書きました。

そういった思いも噛み締めつつ
受験失敗から1年浪人をし、進学したのは

九州大学医学部生命科学科

当時まだ出来てまもない学科で、私が2期生にあたります。
医学部の中から医学研究者を育成しようと設立された学科でした。

私がそこで4年間どのように過ごしたのかは次の記事に書きたいと思います。



ブログアフィリエイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。