--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/29

東大教授「如何に相手に暴力行為をさせるか」琉球新報

今月26日、琉球新報に載った記事が話題になっています。
記事を書いたのは東京大学東洋文化研究所教授 安冨 歩氏。
ph011.jpg


女装教授としてTVのワイドショーで取り上げられています。
一体どのような記事を書いたのでしょうか。

話題となっている琉球新報の記事はコチラ
<機動隊 差別発言を問う>沖縄からアジェンダを 安冨歩さん(東大東洋文化研究所教授

記事の要約は以下
・非暴力の闘争では如何に相手に暴力行為をさせるかが重要。

・沖縄が考えるべきは、更に挑発的な次のアクションをどう起こすか。
・土人発言は猛烈な沖縄差別と府知事の差別意識まで露呈させ大成功。
・土人風評が定着すれば沖縄は独立すべし、日本の威信は喪失する。
・差別問題に敏感な米国政府に対し日本警察との協力関係を問題視する。


相も変わらず突っ込みどころ満載ですが、

まず、沖縄の反基地運動のおさらい動画をどうぞ。
動画内で暴力的な発言を度々叫んでるのは殆ど活動家です。

【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】


一体、どこが非暴力なんですか?

これでよく非暴力なんて言い張れるものだと感心します。

「次きたら、俺らのテントに引きずり込むぞ!!」

なんて、脅迫以外のなんだというのでしょうか。

氏の発言が今後の活動家達の指針であるならば
今後更に挑発的な行動を加速させることでしょう。

個人的にはいっそ活動家全員監獄送りにして欲しいくらいですが、
実際にそうした対応を行政が取る事を活動家達は狙っているのでしょうね。

もし、沖縄に住む方々がこうした活動に触発されて、
日本からの独立を望むのであればいよいよこの問題は泥沼化します。

活動家達はそれが望みでしょうが
それが沖縄にとって本当に正しいことなのでしょうか。


ブログ・ランキング参加しています。
宜しければご支援下さい。

政治ランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。