--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/22

ウイグルの悲劇と東トルキスタン独立運動

ダウンロード (3)
中国新疆ウイグル自治区で続く内乱について、
日本では大きな事件でも余り取り上げられません。

彼らウイグル人の東トルキスタン独立運動
なにが彼らをそのようにさせるのでしょうか・・・強調文

東トルキスタン独立運動とは

中華人民共和国の新疆ウイグル自治区における
テュルク系民族の独立運動の総称です。


天安門事件文化大革命に代表される
中国共産党の弾圧、迫害の歴史はまさにウイグルの悲劇です。

ウイグル自治区は中国政府による核実験の実験場にもなっており、
判明しているだけでも50回程度核実験が行われました。

こうした迫害政策と民族浄化政策に反発するように、
反漢感情はより一層強まっていったのです。

2009年、ついにウイグルで大規模な衝突が起こります。
この事件は日本でも比較的大きく取り上げられました

中国政府の公式発表によれば
140名以上の死亡者と800名以上の負傷者を出す大変な騒ぎとなりました。

しかし、世界ウイグル会議の発表によれば

事件の情報を事前に掴んでいた中国政府の武装警察により、
一方的な大量虐殺が行われ、最初の一日だけで1500名以上が惨殺

最終的な死者、行方不明者数は延べ一万人に登るとしています。

このような歴史を背負い、
今なお続くテロと迫害、弾圧の流れ

ウイグルを襲う悲劇は今尚、悲劇を産み続けています。


過去の記事でもご紹介したとおり、
私にはウイグル人の友人がいます。

私は彼と彼の家族が
これから先も無事に暮らしていける事を祈っています。
2b52e39a3dc6bd0b6efda2e72b409a17.jpg

そして彼らを襲う悲劇を一人でも多くの人が知ること、
まずはそのお手伝いがしたいと思い、筆を執っています。


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければご支援下さい。


政治ランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。